2014年07月08日

Ch21 ⑤

Il eût mieux valu revenir à la même heure, dit le renard.


同じ時間に来てくれたらよかったのにな、とキツネは言った。


Si tu viens, par exemple, à quatre heures de l'après-midi, des trois heures je commencerai d'être heureux.


たとえば、君が4時に来るとするよね、そしたら、3時にはもう、僕はうきうきするんだよ。


Plus l'heure avancera, plus je me sentirai heureux.


時間が進むにつれて、僕は幸せを感じるんだ。



文法構造の注意点


eût mieux valu は条件法過去第2形 ( eût = aurait )


Il vant mieux inf  するほうがよい


形容詞の même は名詞の前に置かれて「同じ」 後におかれて「~自体、ほかならぬそれ」


commencer à/de inf  「 inf しはじめる」 de を使うのは比較的古い用法


plus...,plus ~ ・・・すればするほど、~する



意味上の注意点


Si 以下の構文はキツネのおしゃべり風に訳した




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。