2014年05月29日

Ch2 ②

Et comme je n'avais avec moi ni mécanicien, ni passagers,


私は、メカニックや乗客を一緒に乗せていたわけではなかったから


je me préparai à essayer de réussir, tout seul, une réparation difficile.


ひとりだけで難しい修理をやり遂げようと決意した。


C'était pour moi une question de vie ou de mort.


それは、私にとって生きるか死ぬかの問題だったのだ。



文法構造の注意点


comme 節は、理由。Ni は否定の等位接続詞。


préparai は単純過去。今の自分とは切り離し、王子との物語を順序立てて話し始めている。


se préparer à inf は「覚悟を決める」



意味上の注意点


me préparai à essayer de réussir, tout seul, une réparation では、


réparer 由来の抽象名詞 réparation も含めると4つの動詞が並んでいる。


実際の動作は最後の「修理する」ということであり、後は修飾句として考えるとよい。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。