› ワイン屋の仏検準2級独学日記 › 2014年07月13日

2014年07月13日

Ch25 ②

Lentement je hissai le seau jusqu'à la margelle.


私はゆっくり桶をへりまで引き上げ、


Je l'y installai bien d'aplomb.


倒れないようにきちんと置いた。


Dans mes oreilles durait le chant de la poulie et, dans l'eau qui tremblait encore, je voyais trembler le soleil.


私たちの耳の中で、滑車の歌は続き、揺れている水の中に、太陽が揺れているのが見えた。


≪ J'ai soif de cette eau-là,dit le petit prince, donne-moi à boire...≫


「僕はこの水が欲しくてのどがカラカラだ。飲ませて」



文法構造の注意点


l'y の le = le seau,  y = jusqu'à la margelle


d'aplomb の基本の意味は垂直だが 倒れないようにという意味もある


durait は durer の半過去  le chant de la poulie が主語


voyais trembler le soleil は、 voir 不定法の構文   trembler の主語は le soleil



意味上の注意点


私たちの耳の中で、滑車の歌は続き、揺れている水の中に、太陽が揺れているのが見えた。


耳の中と水の中が美しく対照されている

  

Posted by takeya at 00:00Comments(0)