› ワイン屋の仏検準2級独学日記 › 2014年06月22日

2014年06月22日

Ch2 ⑯

Je refis donc encore mon dessin : (C) Mais il fut refusé, comme les précédents :


そこでもう一度、私はこの絵を描いた。しかし、これも前の二つと同じく、ダメだと言う。


≪ Celui-la est trop vieux. Je veux un mouton qui vive longtemps. ≫


「これは、あまりにも歳をとりすぎているよ。僕は長く生きるような羊が欲しいんだ」


Alors, faute de patience, comme j'avais hâte de commencer le démontage de mon moteur,


私は、エンジンの修理に早くとりかかりたかったので、もう我慢できずに、


je griffonnai ce dessin-ci : (D)


こんな絵を書きなぐった。



文法構造の注意点


fut refusé は、単純過去の受動態。 主語は絵。les précédents は前の二つのこと


vive は vivre の接続法現在。    vivre の直接法現在は vit


faute de 無冠詞 N   Nがないので


faute de preuves  証拠不足で


comme は主節との因果関係が成立  理由で訳す



意味上の注意点


griffonner は griffe 「爪」から作られた言葉 「なぐりがき」「落書き」するという意味

  

Posted by takeya at 13:12Comments(0)