› ワイン屋の仏検準2級独学日記 › 2014年06月18日

2014年06月18日

Ch2 ⑭

Et je fus stupéfait d'entendre le petit bonhomme me répondre :


この坊やの答えを聞いて私は唖然とした。


≪ Non ! Non ! Je ne veux psa d'un éléphant dans un boa.


違う、違う。僕は、ボア大蛇の中にいるゾウなんかいらない。


Un boa c'est très dangereux, et un éléphant c'est très encombrant.


考えてもみて、ボアはとっても危険だし、ゾウはとっても場所をとるでしょう。


Chez moi c'est tout petit. J'ai besoin d'un mouton.


僕のとこはとっても小さいんだ。一匹の羊が欲しいんだ。


Dessine-moi un mouton.≫


羊の絵を描いて。



文法構造の注意点


stupéfait は stupéfier から作られた形容詞、 être の単純過去 fus と受動表現を作っている


me répondre の不定法の意味上の主語は  le petit bonhomme


vouloir de N  「N は欲しくない」 否定のときにdeになる


A c'est B 「AそれはBだ」 文頭遊離構文



意味上の注意点


stupéfait 主観的な表現  原因の表現


stupéfait de +  inf   「 inf をして唖然とさせられる」

  

Posted by takeya at 00:00Comments(0)