› ワイン屋の仏検準2級独学日記 › 2014年06月03日

2014年06月03日

Ch2 ⑤

J'ai sauté sur mes pieds comme si j'avais été frappé par la foudre.


私は雷に打たれたかのように飛び上がり、


J'ai bien frotté mes yeux. J'ai bien regardé.


目をよくこすって、よくみてみた。


Et j'ai vu un petit bonhomme tout à fait extraordinaire qui me considérait gravement.


そこで、私が見たのは、まったく風変わりでかわいい坊やだった。彼は私を真剣な面持ちでみつめていた。



文法構造の注意点


comme si 節(半過去、大過去)は、「まるで・・・のように」 ここは大過去


tout à fait は、「まったくもって」 extraordinaire の強調の副詞


bonhomme は坊ちゃん


qui は、 un petit bonhomme を先行詞にする関係代名詞。


considérait は半過去



意味上の注意点


je を主語として構造も似ている文が連続的に書かれている。


リズムを出すためのフランス語特有のレトリックだが、日本語にするとやや冗長になるので一文にまとめた。


日本語とフランス語の特性を意識して、まとめたり(圧縮)、開いたり(解凍)することは翻訳ではしばしば必要。

  

Posted by takeya at 00:00Comments(0)