› ワイン屋の仏検準2級独学日記 › 2014年05月28日

2014年05月28日

Ch2 ①

J'ai ainsi vécu seul, sans personne avec qui parler véritablement,


私はこうして孤独に生きた。心から話し合える人は誰もいなかった。


jusqu'à une panne dans le désert du Sahara, il y a six ans.


しかし、それは、今から6年前、サハラ砂漠で飛行機が故障するまでの話である。


Quelque chose s'était cassé dans mon moteur.


何かが私のエンジンの中で壊れてしまっていたらしい。



文法構造の注意点


avec qui - は personne にかかる関係代名詞。 parler avec - 「-と(一緒に)話す」


il y a 時間  「(時間)前に」←「あれから時間の時がたっている」


s'était cassé は大過去。故障した前の時。代名動詞の複合時制は、avoir でなく être を使う



意味上の注意点


sans personne 「人なしに」なので、「心から話し合える人なしに、孤独に生きた」でもよいが、sans を準否定語として考え、工夫して訳した。


文が長くなる場合は、このようにぶつぶつに訳すことも時として必要である。


この発想で、jusqu'à une panne も切っている。

  

Posted by takeya at 00:00Comments(0)