› ワイン屋の仏検準2級独学日記 › 2014年02月21日

2014年02月21日

文法29

受動態


<受動主+etre+過去分詞+par/de+受動主> 過去分詞は受動主に性数一致


Marie aime Paul → Paul est aimé par Marie   ( aimé ← aimer の過去分詞 )

Paul aime Marie → Marie est aimée par Paul   ( 性数一致 )



動作主を示す par と de について


par  一時的な動作

Cette lettre est écrite par Paul この手紙はポールによって書かれた


de  継続的な動作

Le petit prince est aimé de tout le monde 王子様は皆に愛されている



代名動詞


再帰的用法

Je me lève le dimanche. 私は日曜日は早く起きます。


相互的用法 ( 主語が複数の場合 )

Ils se sont injuriés violemment. 彼らは激しく罵りあっている。


受動的用法 ( 主語がものの場合 )

Ce roman se lit très aisément. この小説は簡単に読める。


本質的用法 ( 代名動詞として、決まった意味があるもの )

Je me souviens de cet homme. 私はその男を憶えている。



  

Posted by takeya at 19:04Comments(0)